【名古屋】基礎工事の特徴と種類 住宅・外構の基礎工事を依頼したい方へ

基礎工事は住宅の安全性を左右する非常に重要な工事ですが、どんな工法で施工されたものなのかよく知らない方が多いでしょう。これから新築またはリフォームで住宅の建設や外構工事の依頼を検討されている方は、安心して生活できる住宅なのかを判断するためにも、ぜひ基礎工事はどのような工法なのかを知っておくことをおすすめします。

この記事では、名古屋で基礎工事を依頼する前に知っておきたい、基礎工事の特徴、および地盤沈下に強いベタ基礎とコストを抑えられる布基礎についてご紹介していきます。

建物の土台となる基礎工事

基礎工事をする作業員

基礎工事とは、住宅などの建物を建設する際に、土台となるコンクリート部分をつくる工事のことです。しっかりした土台がなければ、大きな住宅を支えられないため、基礎工事は非常に重要な役割を担います。

住宅だけでなく、ブロック塀などの外構工事でもしっかり基礎工事が行われます。基礎工事の基本的な流れとしては、地盤調査(地盤が弱い土地の場合は地盤改良工事も必要)を実施し、安全な土台をつくれることを確認してから工事が行われます。

また、基礎工事の工法はベタ基礎と布基礎の2種類があり、それぞれ異なる特性があるので、工事を依頼する際にはどちらの工法が適用されるのか確認してみることがおすすめです。

名古屋で基礎工事を検討されている方は、ぜひ株式会社ホタコンへお問い合わせください。お客様のご要望をお伺いした上で、適切なご提案をいたします。

基礎工事の種類~地盤沈下に強い「ベタ基礎」~

オレンジ色のショベルカー

基礎工事の中でも、一般住宅で施工されていることが多いのが「ベタ基礎」です。ベタ基礎とは別名「防湿基礎」と呼ばれており、湿気を防ぐことができる工法です。

大きな特徴は床全面に鉄筋コンクリートで土台をつくることで、建物の荷重が分散されて地盤に沈下するリスクを軽減できることです。また、住宅のシロアリ被害を防止できるため、長年にわたって安全で快適な住環境が守られることも期待できます。

デメリットとしては、床全面に鉄筋コンクリートで施工することからコストが高めになる可能性があるので、基礎工事を依頼する際にはどのくらいコストがかかるのか確認してみましょう。

基礎工事の種類~コストを抑えられる「布基礎」~

もう1つの基礎工事である布基礎とは、建物の壁や柱に沿うようにしてコンクリートを流し込む工法で、以前の住宅ではよく施工されていました。布基礎はベタ基礎よりも建物を支える部分が少なくなるため、地盤の状態によっては耐震性や防湿性、防虫対策に問題がある場合も多く、リフォームでベタ基礎に施工し直す例もあります。

布基礎のメリットは、使用する鉄筋コンクリートの量がベタ基礎よりも少ないため、コストを抑えられる点です。

ちなみに、布基礎という名称ですが「布を使用した基礎」という意味ではなく、「布=平ら・平行=壁と平行に伸びる基礎」という意味が由来です。地盤によって、ベタ基礎か布基礎、どちらが良いかは異なるので、工事業者とよく話し合うことをおすすめします。

名古屋で基礎工事を検討されている方は、ぜひ株式会社ホタコンへご相談ください。地盤の状況に応じて適切な工法をご提案いたします。

外構・住宅の基礎工事は名古屋の株式会社ホタコンへ依頼しよう!

基礎工事は床下に施工されるもので建物の目立ちにくい部分になりますが、しっかり建物を支えるために非常に重要な役割を担います。ベタ基礎と布基礎はそれぞれ工法が異なり、メリット・デメリットがあるので、どちらが地盤に合った工法なのかを知っておくことも大切です。

名古屋で住宅の基礎工事や外構工事を依頼される際には、ぜひお気軽にお問い合わせください。長年、名古屋で外構・住宅の基礎工事を承ってきた実績を経験を活かし、適切な施工内容をお伝えします。

名古屋で基礎工事についてお悩みなら株式会社ホタコンへ!

会社名 株式会社ホタコン
代表者 保田 隼希
住所 〒463-0079 愛知県名古屋市守山区幸心3丁目1725
TEL
FAX 052-778-8953
事業内容 外構工事/舗装工事/フェンス/解体
保有資格 二級土木施工管理技師
ブロック塀診断士
URL



PAGE TOP